初めての産婦人科選びのポイント

初めての産婦人科選びのポイントをご紹介します。

 

妊娠が判明したら、出産する場所を意識し始めるはず。現代では産婦人科で出産するのが一般的ですが、助産院などの選択肢もあり迷うところです。

 

しかし、「まだ出産は先のことだから」と後回しにしていると、困ったことになります。というのも、現在産婦人科になりたがる医学生が少なくなっており、産婦人科が減ってきているのです。なので、人気の病院はすぐに予約をしないと満員になってしまうこともよくあるのです。なので、なるべく早く「産む場所」を決めておく必要があるのです。

 

産む場所選びのチェックポイント

 

出産場所選びで大切なのは、自分のお産のあり方について考えておくことです。
初めての妊娠だと、どんな産婦人科がいいかイメージがわかないかもしれません。なので、まずは選び方のチェックポイントを整理してみましょう。

 

出産のスタイル

夫の立ち会いで出産したい、無痛分娩がいい、自然な分娩がいいなど、出産のスタイルはさまざまです。赤ちゃんを産む前に、どんな出産がしたいかどうかを考えておき、病院選びの参考にしましょう。

 

医師や助産師、スタッフとの相性

 

意外と重要なのが医師やスタッフとの相性です。せっかく希望の病院を見つけても、相性が悪いとストレスがたまってしまいます。気兼ねなく質問できるかどうかを重視して、自分に合う医師・スタッフのいる病院を選びましょう。

 

赤ちゃんとの関係

 

出産後の赤ちゃんとの過ごし方は施設によって違ってきます。全日母子同室ができたり、日中のみ同室、完全別室などさまざまなので、事前に調べる必要があります。なお、別室だからといって悪いわけではなく、それぞれにメリット・デメリットがあるので事前に説明を受けてから決めましょう。

 

部屋のタイプ

 

入院中の部屋のタイプも大切です。個室は確かに自分のペースで過ごせますが、料金が高くなります。複数人部屋の場合プライベートはあまりありませんが、他のママとの交流や情報交換などができたりなどのメリットも。あとは、お見舞いにきた家族の宿泊スペースがあるかどうかも見ておきましょう。

 

また、病院によっては美容室やエステなどの施設があるのでサービス面を重視するなら調べておきましょう。

 

出産施設選びのステップ

 

ステップ1・情報収集

 

まずはどんな施設があるのかをリサーチします。ガイドブックや雑誌、先輩ママの実際の声などを聴いて情報を集めましょう。インターネットの口コミを見るのも手です。

 

ステップ2・見学する

 

病院をいくつかに絞ったら、実際に見学をします。施設の雰囲気や医師・スタッフの雰囲気、そして距離もチェック。

 

ステップ3・費用を確認

 

実際に見学をしてよさそうなら、費用を確認します。施設が充実しているほど費用も高くなりがちなので、予算と相談して決定しましょう。

 

また、人気の病院は予約殺到しているので、迷っているうちに満員になることも。早めに決断して分娩予約を入れておくことも重要です。

 

里帰り出産は?

 

里帰り出産の場合も、早めの予約が大切です。人気病院が満員になりやすいのはどこの地域も同じなのです。

 

また、定期健診を受けている病院に里帰り出産をすることを伝えておき、転院のタイミングで紹介状を書いてもらうようにしましょう。

 

里帰りが遅くなりすぎると出産と重なってしまいバタバタする可能性があるので、妊娠35週(予定日の1カ月前)までには里帰りを済ませておきましょう。

 

出産可能な施設はこんなにある!

 

出産は基本的には病院の産婦人科で行うことになりますが、ひと口に産婦人科と言っても「大学病院」「周産期センター」「総合病院」「賛歌専門病院」などさまざまな形態があります。また、助産師のケアが受けられる「助産院」という選択肢もあります。

 

それぞれにメリットやデメリットがあるので、まずは詳細を理解しておきましょう。

 

総合病院
メリット デメリット

・産婦人科以外の診療科もあるので、ママに持病がある場合のケアもしやすい
・小児科がある場合は赤ちゃんにもしものことがあってもすみやかに対応

・担当医が誰になるかわからない
・さまざまな診療科があるので院内に男性も多い
・病院にもよるが、雰囲気のいい出産はしにくい傾向

 

大学病院・周産期センター
メリット デメリット

・設備やスタッフのレベルが高く、医療設備も充実しているので緊急時も安心
・早産のケアも万全で、場合によっては新生児専用の集中治療室がある

・人気が高く検診の待ち時間が長い
・入院の予約はかなり早めに行う必要あり。遅れると満員のことが多い
・大学病院の場合は学生が立ち会うことがある

 

産科専門病院
メリット デメリット

・妊娠中~出産まで一人の医師が診ることが多く、信頼感がある
・産科専門ならではの設備や食事が期待できる
・新米ママのためのマタニティ教室などがある場合も

・施設によって設備やスタッフの充実度にムラがあるので、事前リサーチが必須
・産婦人科のみなのでママの体調悪化や赤ちゃんのトラブルに対応しきれないことも
・人気病院は常に満員状態なので予約が大変

 

助産院
メリット デメリット

・助産師から妊娠中、出産時のアドバイスが受けられる
・アットホームで雰囲気のいい出産ができる

・医療処置ができないのでトラブル時は転院が必要
・リスクの高い出産には対応できない

 

まとめ

 

総合病院…何かあったときのことが気になる場合におすすめ。人手が多いので、急に産気づいても対応してくれます。

 

大学病院・周産期センター…設備が充実しているので、帝王切開・会陰切開などのトラブルが心配なときにおすすめ。予約をするならできるだけ早く。

 

産科専門病院…医師と1対1で向き合いたいならおすすめ。病院によって充実度にムラがあるので、入院したことがある先輩ママなどの話を聞いたりして、事前にしっかり調べる。

 

助産院…アットホームな雰囲気で、自然な出産がしたいならおすすめ。何かあったときは病院搬送となるので、ある程度心の準備はしておこう。

 

いつ産気づくかはわからないので、距離についても考えておきましょう。車で1時間程度で行ける距離が限界で、それ以上はどれだけ理想に近い病院でも諦めたほうがいいでしょう。できればなるべく自宅から近い病院を選びましょう。